投稿者「prestashopblog」のアーカイブ

国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは

国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは
ネットカジノとは世界中で多数のユーザーを持つオンラインカジノのことで、日本各地にあるインカジや裏カジノとは全く異なります。
インカジや裏カジノは例外なく100%違法店舗であり、そこで働く従業員はもちろん、出入りするお客さんも単純賭博罪や常習賭博罪などで逮捕されてしまいます。
そこで今回の記事では、国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは何なのか?どういった仕組みで安全性は大丈夫か?などを解説していきます。
初めてネットカジノで遊ぶ方の参考になれば嬉しいです。

ネットカジノとは何?

ネットカジノとは、バカラやブラックジャック、スロットなど、あらゆるカジノゲームをオンライン上で楽しむギャンブルサイトのことです。
1990年代後半に初めてローンチされ、今では世界市場をターゲットにした巨大産業へと成長しました。
インターネット回線が安定したことでライブカジノの運営が可能になり、本物のディーラーをカメラで映し出し、本場ランドカジノの雰囲気を日本国内で味わえます。
テーブルゲームやスロットも成長を続け、現在では美しいグラフィックスや迫力満点のサウンドから、より一層白熱したギャンブルが楽しめるようになりました。
さらにエンターテインメント企業との提携により、人気コミックスや大ヒット映画とのタイアップスロットも続々とリリースされています。

日本の賭博法は適用されない

日本の賭博法は適用されない
日本の賭博法というのは、国内で違法運営する賭博の胴元を取り締まることを目的としているため、海外の事業者には適用されません。
ネットカジノは海外に拠点を起き、運営会社も海外に登記していますので、賭博法で取り締まることはできません。
このことから海外のネットカジノで遊ぶことに違法性はありませんのでご安心ください。
ただし注意したいのは、「ネットカジノでのプレイを認める」という法律は存在せず、これが公営ギャンブルとの大きな違いです。
法律が存在しない以上は合法ではなく、グレーゾーンとなります。
ここで勘違いしてしまいますが、グレーゾーンはあくまでもグレーゾーンであり、違法というわけではありません。
日本の賭博法に抵触しない限り、海外のネットカジノで遊んでも逮捕されるリスクはありませんのでご安心ください。

様々な入出金方法から選べる

ネットカジノでギャンブルを楽しむためには、自分のアカウントへ軍資金を入金しなければいけません。
またゲームで勝った場合には、勝利金の出金も必要です。
国内で運営している公営ギャンブルやパチンコでしたら簡単な話ですが、ネットカジノは海外に拠点を置いているため、オンライン決済が必要不可欠です。
初めてネットカジノで遊ぶ場合、この入出金方法に不安があるものですが、実際にはとっても簡単です。
いつも使っているクレジットカードをそのまま使えますし、他にもアイウォレットやエコペイズなどのオンライン決済サービス、さらに国内の銀行を使った送金も可能です。
各ネットカジノによって対応する入出金方法は異なりますので、登録する前に必ず確認をしておきましょう。

イカサマの心配は無し

ネットカジノで遊びたいけどイカサマが心配!そんな方も多いかと思いますが、合法のネットカジノでしたら、イカサマの心配は皆無でむしろ日本のギャンブルの方が疑わしいものです。
公営ギャンブルは八百長が疑われる(実際に何度か起こっています)ケースがありますし、パチンコも遠隔操作や打ち子による見せかけ営業も普通にありえます。
しかしネットカジノではイカサマができない仕組みが確立しており、イカサマをしたくてもできないのです。
その理由は様々ありますが、主にライセンスの剥奪です。
少しでもイカサマを疑われる行為をすると、すぐにライセンスは剥奪され、二度と同じ国でネットカジノの運営ができなくなります。
時間をかけ、また莫大な費用をかけて取得したライセンスなのですから、目先の利益のためにイカサマをするわけがありません。

まとめ

まとめ
今回は、国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは?と題し、今大人気のギャンブル「ネットカジノ」の基本的な知識をご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
ネットカジノは1990年代後半に初めてローンチされたインターネット回線を使ったギャンブルサイトであり、ライブカジノやテーブルゲーム、スロットなど、多種多彩なゲームを豊富に取り揃えています。
また合法のネットカジノは海外を拠点としているため、日本の賭博法は適用されません。
国内の胴元を取り締まる目的として整備されている賭博法ですから、合法のネットカジノで遊んでも違法性はありませんのでご安心ください。
初めてネットカジノへ登録する際には、ライセンスの有無はもちろんのこと、対応している入出金方法やボーナスシステムについても確認しておきましょう。
特に低資金で遊ぶユーザーにとってボーナスは非常に重要な要素となるため、登録ボーナスや初回入金ボーナスについては必ず比較されることをおすすめします。

マーチンゲール法を改良したら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件

マーチンゲール法を改良したら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件
マーチンゲール法は確かに非常に効果の高い攻略法ですが、いくつかの欠点があるため、それを解消するために改良することも可能です。
改良と聞きますと難しく感じるかもしれませんが、マーチンゲール法の基本的なルールさえ理解していれば、誰でも今すぐに改良版の実践が可能です。
そこで今回の記事では、マーチンゲール法を少しだけ改良してみたら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件と題し、マーチンゲール法の改良について解説していきます。
もっとマーチンゲール法で稼ぎたい!マーチンゲール法の効果をさらに高めたい!そんな勝ちにこだわる全ての方の参考になれば嬉しいです。

マーチンゲール法の欠点

マーチンゲール法ほど理論的で確実な攻略法は存在せず、誰もが簡単にギャンブルにおいて利益を出すことができます。
負けたら倍プッシュを続けるわけですから、どれだけ連敗が続いたとしてもたった1回の的中で勝利が確定します。
しかしマーチンゲール法には欠点があり、連敗によってリスクが高まるのにもかかわらず、得られる利益は初回ベット金額分のみということです。
コツコツと稼ぐことに抵抗の無い方でしたら問題ありませんが、一撃で大量獲得を目指したい方にとってはストレスを感じることも多くあります。
ではどうしたらこのマーチンゲール法の欠点を解消できるのでしょうか?
そのためにマーチンゲール法の改良版を2つご紹介します。

負けた次ゲームは+1に改良してみた

負けた次ゲームは+1に改良してみた
マーチンゲール法を改良し、負けた次ゲームに+1を足してみました。
通常のマーチンゲール法はただ倍プッシュするだけですので「1→2→4→8→16」ですが、+1に改良することで「1→3→7→15→31」とベットしていきます。
利益を比較してみますと、マーチンゲール法は「1→1→1→1→1」と変化はありませんが、この改良版でしたら、「1→2→3→4→5」と、連敗数に比例して利益も少しずつ上昇していきます。
これでコツコツと利益を増やしていくマーチンゲール法の欠点が解消されました。
実はこの改良版は「グランマーチンゲール法」と呼ばれており、その有効性はすでに証明されている強力な攻略法なのです。
ただ+1するだけの改良ですので、マーチンゲール法を理解していれば誰でも今すぐ実践可能です。

グランマーチンゲール法よりももっと稼ぎたい!っという場合には、マーチンゲール法のロジックを全くの逆にし、攻撃的な要素に改良してみてください。
改良方法はとっても簡単で、負けたら倍賭けから勝ったら倍賭けに変更するだけです。
これはパーレー法(逆マーチンゲール法)と呼ばれ、1つの攻略法として確立しています。
例えば初回に1ドルベットし、勝ったら次ゲームでは2ドルベット、その次も勝ったら4ドル、さらに連勝を重ね8ドル、16ドルとベット金額を増やしていきます。
こうすることで勝った時の利益がどんどん大きくなり、コツコツのマーチンゲール法が一気に覆されます。
負けても初回ベット金額分のみですので、損失は最小限に済み、何度も繰り返しチャレンジできます。

マーチンゲール法を改良した際の注意点

マーチンゲール法を改良することで確かに利益の大幅アップに繋がりますが、グランマーチンゲール法もパーレー法も注意するべきことがあります。
まずグランマーチンゲール法ですが、+1することでベット金額の上昇スピードが加速するため、十分な軍資金を用意しておく必要があります。
100ドルでマーチンゲール法を試す予定だった場合、グランマーチンゲール法では最低でも倍の200ドルは用意しておきましょう。
そしてパーレー法の場合は、成功連勝数を予め決めておいてください。
例えば「5連勝したら成功」「7連勝したら成功」など具体的な基準を設定しておき、決めた連勝数に達した時点でパーレー法をリセットします。
この時「これだけ連勝しているのだから次も勝てるだろう」と考えてはいけません。
どれだけ連勝していようが、次に勝つ確率は同じ50%なのです。
成功連勝数を設定したら、それを厳守する強いメンタルを持つことが大切です。

まとめ

まとめ
今回は、マーチンゲール法を少しだけ改良してみたら一気に稼ぎやすくなった件と題し、2つの改良版をご紹介しましたが、いかがでしたか?
マーチンゲール法は確実な利益を得られる非常に有効な攻略法ですが、成功してもコツコツとしか稼ぐことができません。
そこでベット金額を+1する「グランマーチンゲール法」、全く逆のことをする「パーレー法(逆マーチンゲール法)」へ改良することで、大きく稼ぐことができます。
ただし改良することでより損失リスクは高まりますので、十分な資金を用意し、勝ち逃げに徹するようにしましょう。
万が一大きな損失が発生しそうな場合には、勇気を持って損切りを決断してください。
マーチンゲール法に限らず、オンラインカジノで勝つためには、あらゆる状況下で勝ち逃げと損切りを決断することが最も大切なのです。

ラッキーニッキーとヴィーナスポイントは相性が良い

ラッキーニッキーはクレジットカードや電子決済が使えるオンラインカジノです。
様々な出入金方法があるので、ラッキーニッキーで遊ぶときにヴィーナスポイントで決済をするときの情報をまとめていきます。

ラッキーニッキーで遊ぶときにヴィーナスポイントが向いている人、決済の方法の流れなどもチェックしておきましょう。

ヴィーナスポイントを使うときの基本情報と特徴

ヴィーナスポイントを使うときの基本情報と特徴
・ヴィーナスポイントの特徴
ヴィーナスポイントは口座開設無料ですし、基本的に手数料も無料です。
利用するときはヴィーナスポイントに入金をして、そこからラッキーニッキーに入金をしていきますが、ほとんどの場合で手数料が無料。

ヴィーナスポイントから自分の口座に出金するときは手数料がかかりますが、曜日や金額によってはこちらの手数料も無料になります。
平日に350ドル以上換金する場合は無料となるため、自分で調整を行うことができます。

また、ラッキーニッキーでヴィーナスポイントに出入金をするとポイントを受け取ることができます。
送金した額の0.6%、入金した額の0.2%のポイントバックがあり、そのポイントはキャッシュに交換することができるのでお得です。

・入金するときの条件
最低の入金額は10ドル、1回の最高入金額は5,000ドルです。
1日で入金できる最高額も5,000ドルまでとなっていますが、回数には制限がないので数回に分けて入金してもOKです。

ラッキーニッキーにヴィーナスポイントから入金するときは手数料は無料。
入金してから反映されるまでも早いですし、上限金額も多いので使い勝手が良いです。

・出金するときの条件
最低の出金額は20ドル、1日の最高出金額は5,000ドルです。
1ヵ月間で20,000ドルまで引き出すことができ、ラッキーニッキーを使えば出金にかかるヴィーナスポイントの手数料も必要ありません。

入金と同じく1日5,000ドルまで出金することが可能ですが、出金の場合は1ヵ月間の上限は20,000ドルと決まっています。

また、出金するときは反映されるまでに1~3日かかるので注意しておきましょう。

ラッキーニッキー内でのヴィーナスポイントの決済方法

ラッキーニッキー内でのヴィーナスポイントの決済方法
・入金するときの流れ
ラッキーニッキーにヴィーナスポイントで入金するときは、まずはヴィーナスポイントにお金を入れておく必要があります。
それが終わればラッキーニッキーに入金をすることができます。

ラッキーニッキーのログインし、「入金」というタグをタップして手続きを行っていきましょう。

タグをタップすると入金方法の一覧が表示されます。
ラッキーニッキーで利用できるクレカや電子決済が表示されるので、その中からヴィーナスポイントを選択していきます。

ヴィーナスポイントのアカウントID、ヴィーナスポイントのパスワードをそれぞれ入力し、金額を決めて確定させていきます。
全て入力したらそのまま画面下部にある「送信」をタップすればOKです。

問題なければ「入金は成功しました」という文字が表示されるので、確認してから画面を閉じるようにしましょう。

・出金するときの流れ
ラッキーニッキーでは本人確認を行っていないと出金をすることができません。
まずは出金の前に本人確認を済ませておきましょう。

本人確認が終われば、メニューから「登録情報」を選択します。
マイアカウントが表示されるので、その中から「出金」を選択していきましょう。

そのままヴィーナスポイントを選択し、ヴィーナスポイントのIDとパスワードを入力しましょう。
その流れで出金する金額、通貨を選択して「送信」をタップします。

成功すれば「出金のリクエストを承りました」と表示されます。
着金されれば登録しておいたメールアドレスに通知が届くので確認しておきましょう。

原則、入金と同じ方法でしか出金することができません。
ラッキーニッキーにヴィーナスポイントで入金した場合、出金はヴィーナスポイントでしか出来ないので勘違いしないようにしておきましょう。

ヴィーナスポイントがおすすめの人

ヴィーナスポイントがおすすめの人
・ラッキーニッキー以外のオンラインカジノでも遊びたい人

ラッキーニッキー以外のカジノでもヴィーナスポイントを使うことができます。
カジノシークレット、ベラジョンカジノ、カジ旅など有名どころのカジノでも利用することができるので、カジノを併用したい人にもおすすめです。

オンラインカジノをする人は、ボーナスやプロモーション狙いでいくつかのカジノで遊ぶことが多いです。
ラッキーニッキーをメインに考えていても、お得情報があれば他のカジノでも遊ぶのはごく一般的。

ヴィーナスポイントはカジノシークレットなどでも利用することができるので、他のカジノも試してみたい人に向いています。

最低入金額や最高入金額などの条件はカジノによって違いますが、全体的に使いやすさがあります。

・カジノ資金をしっかり把握したい人
ラッキーニッキーはヴィーナスポイントなどの電子決済だけではなく、銀行振込やクレジットカードでの入金も行うことができます。

しかし、クレジットカードや振込は資金の管理がしにくいというデメリットもあります。
ヴィーナスポイントであれば残高や利用金額などもすぐに確認することができますし、カジノを併用してもお金の流れが分かりやすいです。

いくら入金したのか、いくら出金したのかなど、細かくお金を管理したい人に向いています。

まとめ

ラッキーニッキーは日本でも人気のあるオンラインカジノですが、人気があるだけあって出入金方法の種類も多いです。
出入金方法に迷ったときは、手数料や便利さ、お金の管理のしやすさなどを考えて選択しましょう。

ラッキーニッキーとヴィーナスポイントは相性も良いですし、他のカジノでも使うことができて便利です。

オンラインカジノのブラックジャック初心者が覚えておくべき戦略

オンラインカジノのブラックジャックは、全くブラックジャックについて知識の無い初心者でも、基本戦略さえ覚えておくことで勝率を高めることができます。
勝率が高まるということは負ける確率が下がるということで、さらにブラックジャックはペイアウト率が非常に高いため、常勝を目指したい方にベストなゲームだと言えます。

そこで今回の記事では、オンラインカジノのブラックジャック初心者が絶対に覚えておくべき基本戦略についてご紹介していきます。
最初に配られた2枚のカードとディーラーのアップカード(表を向いているカード)から、どのようなアクションを選んだら良いのかをわかりやすく解説します。

合計17~21の時

合計17~21の時
最初に配られたカードの合計数字が17~21の時には、ディーラーのアップカード関係なく、「スタンド」を選択するべきです。
スタンドとは、「これ以上カードはいらないのでこのカードで勝負します」という意味で、あとは最終的にディーラーの結果を待つだけの状態になります。
オンラインカジノに限らずブラックジャックというのは、21に近付けば近付くほど勝利の可能性が高くなり、21を超えてしまうとバースト、つまりその時点で負けが確定します。

またブラックジャックにおいて10の代替となる絵柄の出現率が高いため、17以上でカードを追加(ヒット)することで、バーストする可能性が高くなります。
17以上からのヒットでバーストする確率は最低でも68%、最大92%もあるため、合計17~21の時にはスタンドが賢明です。

合計12~16の時

最初に配られたカードの合計数字が12~16の時には、ディーラーのアップカードを確認し、「スタンド」または「ヒット」を判断します。
あくまでも確率論ですが、ディーラーのアップカードが7以上ですとバーストする可能性が最大でも26%と低くなります。
つまり手札の合計が12~16の時に、ディーラーのアップカードが7以上だった場合には、ヒットすることをおすすめします。
まとめますと、アップカードが7~10(絵札とAを含む)の場合にはヒット、2~6の場合にはスタンドと判断するのが基本戦略となります。
特にアップカードがAの時のバースト確率は12%しか無く、またナチュラルブラックジャックの可能性もあることから、確実にヒットするべきです。

合計11以下の時

合計11以下の時
最初に配られたカードの合計数字が11以下の時には、ディーラーのアップカード関係なく、必ず「ヒット」を選択するべきです。
11以下ということは、たとえ追加で10や絵札が配られてもバーストすることは絶対になく、最初の手札よりも確実に21へ近付くからです。

ヒットしたあとは、前項の「合計12~16の時」で解説させていただいた通り、ディーラーのアップカードを確認して、ヒットかスタンドかを判断します。
もちろん合計17~21になった場合には、バーストのリスクがありますので、ディーラーのアップカード関係なしに、スタンドした方が無難です。

Aが2枚の時

Aが2枚の時
最初に配られたカードがA2枚の時には、ディーラーのアップカード関係なく、「スプリット」を選択しましょう。
スプリットとは、2枚のカードを2つに分け、最初にベットした金額と同額を新たにベットするアクションのことで、2つの手札を持ちプレイが続行されます。
オンラインカジノのブラックジャックにおいてAは特別なカードとも言え、ナチュラルブラックジャックを作るのに必要不可欠なカードです。

しかも52枚のうち20枚が10か絵札となりますので、運が良ければ2つの手札ともナチュラルブラックジャックが完成する可能性も十分にあります。
その場合、ディーラーの手札関係無く、それぞれに2.5倍づつの配当を得られますので、大きな勝ちに繋がります。

また「ディーラーは17以上になるまでヒットする」とルールで決めれているため、8のペアが出来た時もスプリットを選択することで、2つの手札とも勝つチャンスがあります。
ただし9や10のペアの場合には、スプリットをしても確率上、損をする可能性が高いので止めておきましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノのブラックジャック初心者が絶対に覚えておくべき基本戦略について4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
これらたった4つの基本戦略さえ覚えてしまえば、ブラックジャック初心者でも勝率をアップさせ、負ける確率を減らすことができます。
オンラインカジノのブラックジャック初心者からしてみますと、この4つも難しく感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
ランドカジノのように、ディーラーと面と向かって進行するわけではありませんので、ある程度の時間をかけてもプレッシャーを感じる必要は無いのです。

またこの4つの基本戦略を完璧に理解したあとは、ブラックジャックのベーシックストラテジーを学びましょう。
ここでご紹介した内容は、全てベーシックストラテジーの一部をわかりやすく抜粋したものです。
つまりベーシックストラテジーを忠実に守ることで、オンラインカジノのブラックジャックをより一層完璧に攻略することができるのです。

違法ネットカジノで横行する詐欺行為をまとめてみた

残念ながらネットカジノには違法で運営しているサイトも多く、そこでは様々な詐欺行為が平然と行われています。
単刀直入に言ってしまえば、違法ネットカジノではイカサマがやり放題であり、どれだけ資金を投じても最終的には全て飲み込まれてしまうのが関の山です。

合法ネットカジノの場合、絶対に不正行為ができない仕組みが確立しているため、運やテクニックの駆使により、時に数百万、数千万円を超える大勝利を掴み取ることが可能です。
違法ネットカジノではそうもいきません。

そこで今回は、違法ネットカジノで横行する詐欺行為やイカサマ行為についてまとめてみました。
どれだけ美味しいプロモを実施していても、どれだけ良い実績を公表していたとしても、違法ネットカジノだけは絶対に利用してはいけません。

イカサマをしてプレイヤーを勝たせない

イカサマをしてプレイヤーを勝たせない
違法ネットカジノにおける典型的な詐欺行為がイカサマです。
ソフトウェアのプログラミングをいじり、プレイヤーに絶対勝たせないようにするイカサマ行為を平然と行っています。

スロットゲームではフリースピンボーナスやジャックポットの確率を操作したり、ライブゲームでは、カメラに映らないところでカードを入れ替えたりなど、まさにやりたい放題なのです。
どれだけ資金を投入しても、無情にも勝たせてくれません。

中には、新規登録したばかりのプレイヤーにわざと勝たせ、次に遊んだ時にどん底に突き落とすような、卑劣な行為をしてくることもあります。
違法ネットカジノだからこそ、容易にイカサマ行為ができてしまうのです。

入金したお金がアカウントに反映されない

入金したお金がアカウントに反映されない
ネットカジノで遊ぶためには、まず最初に自己資金をアカウントへ入金する必要があります。
入金方法は各ネットカジノによって様々ありますが、クレジットカードや銀行振込、オンライン決算サービスなどがあります。

違法ネットカジノでも同様に、様々な入金方法が用意されていますが、時に入金がアカウントへ反映されないことがあります。
合法ネットカジノでも、ネットワークトラブルやメンテナンスなどで入金されないケースもありますが、違法ネットカジノは意図的です。
実際には入金されているのにも関わらず、意図的にアカウントへ反映させない詐欺行為が横行しています。

サポートデスクに問い合わせをしても、「今調べています」「少々お待ちください」などと引き伸ばされてしまいます。
中には「マネーロンダリングの疑いがあるため」「不正資金が認められた」のように、言い訳され、そのまま没収というケースもあります。

出金に応じてくれない

ネットカジノはギャンブルなのですから、ゲームで勝利したお金を出金できなければ何の意味もありません。
違法ネットカジノでは、わざと出金に応じてくれないことがあります。

出金というのは非常にシビアなため、合法ネットカジノでも場合によっては数日かかることもありますが、それは運営側に問題があるわけではありません。
ゲームに不正行為は無かったか、マネーロンダリングの可能性は無いか、アカウントと出金方法の名義は同一人物か、などをチェックする必要があるからです。

しかし違法ネットカジノの場合は、入金の詐欺と同様に、意図的に出金させないことがあります。
問い合わせをしても返答が曖昧で、どんどん引き伸ばしされ、最悪はサイトを閉鎖し、永久に出金させてもらえなくなることもあります。

違法ネットカジノかどうかを見分ける方法

違法ネットカジノかどうかを見分ける方法
違法ネットカジノに騙されてしまわないよう、登録する前にいくつか確認しておくべきことがあります。
最も重要なのがライセンスであり、信頼できる国のライセンスを所持しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

そして次に採用しているソフトウェアメーカーの信頼性です。
マイクロゲーミング社やプレイテック社、ネットエント社、クイックスピン社など、世界的に有名なソフトウェアメーカーのゲームを採用しているネットカジノでしたら安心です。
これら大手ソフトウェアメーカーは、違法性が疑われるネットカジノへゲームを提供することは無いからです。

そして第三者機関による監視を受けているかどうかも重要で、「eCORGA」「TST」などの有名な監視機関が間に入っていればより信頼性が高まります。
当然、違法ネットカジノでは、第三者機関による監視は受けていません。

まとめ

今回は、違法ネットカジノで横行する詐欺行為と、違法ネットカジノかどうかを見分ける方法について詳しくご紹介させていただきました。
インターネットの世界には、数多くのネットカジノがありますが、その中には卑劣な不正行為を堂々と行っているネットカジノも存在することを忘れてはいけません。

そもそも違法ネットカジノで遊ぶこと自体がプレイヤーも違法行為となりますし、どれだけ魅力的なプロモをしていても、最終的には必ず大切な資産を失うことになります。
実際にネットカジノへ登録する前に、必ず合法か違法かを見分けるようにしましょう。

エコペイズへの入金システムを理解して賢く使いこなす方法

オンラインカジノで利用可能な電子決済サービスの中でも代表的なものがecoPayz(エコペイズ)です。
エコペイズに登録して口座を用意しておけば、日本国内で人気のオンラインカジノのほとんどを簡単に楽しむことができるようになります。

しかしエコペイズは海外企業が運営する決済サービスのため、使い方を正しく理解していないと思わぬトラブルにも繋がりかねません
ここではそんなエコペイズにまつわるトラブルのうち、引っ掛かる人がもっとも多いであろう入金方法について詳しくレクチャーしていきます。

エコペイズへの入金方法は大きく分けて4種類

エコペイズへの入金方法は大きく分けて4種類
エコペイズへの入金方法は銀行振込による入金、仮想通貨による入金、専用のプリペイド決済であるecoVoucher(エコバウチャー)を介しての入金、そして少し特殊になりますがポケットチェンジという専用端末を介しての入金の4種類となります。

厳密には銀行振込や仮想通貨入金の方法が複数用意されているので更に複雑になりますが、基本的にはこの4種類から選ぶと考えておいて大丈夫です。
そしてオンラインで安全に入金する方法となると、最初の銀行振込と仮想通貨入金のほぼ2種類に絞られます。
ここからは各入金方法の基礎知識とメリット・デメリットについて解説していきます。

銀行振込は一番手軽な入金方法

現在エコペイズにはWire PayとPanda Payという銀行振込入金の方法が用意されています。
このうちPanda Payは最近導入された方法で、まだあまり日本国内には情報が出回っていません。
そのため通常は昔からのスタンダードな入金方法であるWire Payを選んでおけば間違いないでしょう。

操作方法もシンプルで、エコペイズのメニューから「資金を入金」を選択後に利用する通貨を選び「ローカル入金方法」からWire Payに進んで入金額を入力するだけです。
ただし実際に日本の口座から引かれる金額は指定金額から5%の入金手数料を上乗せしたものになります。
計算がしやすいように入金時には切りのいい金額を入力するようにしておくといいでしょう。

仮想通貨入金は入金手数料がかからない

仮想通貨入金は入金手数料がかからない
エコペイズとオンラインカジノで利用可能な仮想通貨は複数ありますが、現時点での使い勝手や信頼性を考えると向いているのはビットコインになります。
仮想通貨での入金方法も途中までは銀行振込と同様で「資金を入金」から「ローカル入金方法」へと進み、次にWire Payの下にあるAlternative Paymentsを選択します。

以降は金額を入力すると各仮想通貨を送金するためのアドレスが表示されるので、そこにビットコインなどの仮想通貨を送金して入金完了となります。
当然ですが事前に仮想通貨の口座を作り、そちらに入金を済ませていないとエコペイズに送金することはできません。

オンラインカジノでの利用を考えると、プレイヤーとカジノとの間にエコペイズを挟んでいるだけでも手間があるのに更にもう1段階の手間が増えることになります。
しかし仮想通貨でエコペイズに入金すると入金手数料がかからないというメリットがあります。
入金が反映される速度も比較的早いため、オンラインカジノを頻繁に遊ぶ予定があるならエコペイズ口座と一緒に仮想通貨口座を用意しておくのもいいでしょう。

エコバウチャーにはクレジットカードが使える

ecoVoucher(エコバウチャー)は海外で使われているエコペイズ用のプリペイドギフトカードです。
GoogleプレイカードやAmazonギフトカードのようにネット上でコードのみ購入することができるため、日本国内からでも購入利用できます。
ただし販売サイトが日本語対応されていないのに加えて、為替レートの関係で銀行振込入金などと比べて少し割高になります。

メリットとしては購入時にクレジットカードやデビットカードが使える点が挙げられます。
以前はエコペイズで直接クレジットカード入金が可能でしたが現在は規約変更で日本国内からは利用禁止となっているため、どうしてもクレジットカードで入金したい場合にはエコバウチャーが一種の抜け道となっています。

街中のポケットチェンジから外国通貨をチャージ

街中のポケットチェンジから外国通貨をチャージ
ポケットチェンジとは空港やターミナル駅、あるいは秋葉原のような観光地など外国人が多い場所に設置されている緑色の専用端末です。
ドル紙幣やユーロ紙幣など手持ちの外国通貨を投入することでポケットチェンジに対応した各種電子マネーへと変換することができます。
ポケットチェンジ端末でドル通貨国であるアメリカやユーロ参加国であるフランスなどを選択すると、チャージ先にエコペイズを選択できるようになります。
これによって手元にある外国通貨をエコペイズに入金することが可能です。

あまり例はないかも知れませんが、銀行口座をエコペイズと紐付けたくない場合には現金をドルなど外国通貨に一旦両替してそれをポケットチェンジに直接投入することで入金ができます。
レート効率は悪くお得な入金方法ではないので、あくまで余った資金の使い道の一つとして覚えておくといいでしょう。

エコペイズへの入金方法は変化が激しいので注意

かつてエコペイズには国際銀行送金やクレジットカード入金といった入金方法も用意されていました。
しかし規約の変更などによって今は使えなくなっています。
このように海外サービスであるエコペイズは利用方法に関する変化が激しいため、常に最新の情報を追うことが大切になります。
エコペイズとオンラインカジノに関する情報は正しく理解して、賢く使いこなしていきましょう。

人気のバカラのルールや注意点を紹介します

近年日本でも注目を集めているコンテンツであるオンラインカジノでは、様々なゲームで遊ぶことができます。
ゲームの種類は非常に豊富で店舗型のカジノに劣らない楽しさがあります。
そのためカジノで遊ぶためには海外に行かなければいけなかった日本でもカジノのゲームを楽しむことができるということで、ギャンブラーには非常に人気が高いです。
そんなオンラインカジノの中でも人気のゲームにバカラがあります。
今回はそのバカラについて、ルールや遊ぶ際の注意点を紹介していきます。

オンラインカジノで遊べるバカラとは?

オンラインカジノで遊べるバカラとは

バカラはトランプを使ったカジノでも非常に人気の高いゲームです。
バンカーとプレーヤーにそれぞれカードが配られ、どちらの数字の合計が9に近づくかを予想することでゲームが進みます。
プレーヤーが行うのは、バンカーとプレーヤーのどちらにベットをするかを決めるのみで、それ以外は全てディーラーによって進んでいきます。
カードを引くかどうかについてもすべてルールで決まっているので、難しいルールなどを覚えたりする必要もありません。
そのためオンラインカジノ初心者でも始めやすい非常に人気の高いゲームとなっています。
またオンライカジノで行われているゲームの中でも大金が動くゲームとしても知られているので、オンラインカジノに慣れたプレーヤーやギャンブラーにも人気が高く、誰もが遊べるゲームとなっています。

バカラのルールとは

バカラは前述のとおりプレーヤーとバンカーのどちらが勝利するかを予想するゲームです。
このプレーヤーは参加者自身を指す言葉ではなく、第三者目線に立ってどちらが勝つかを準するに予想します。
そのためプレーヤーとディーラーが対決するゲームというわけではありません。

バカラの勝敗は配られたカードの合計が9に近いかを競い合います。
ゲーム終了時に9に近い数字になっていた側にベットしていた場合、配当金を受け取ることができます。
カードの合計が9を超えた場合には、1の位の数字で勝負することになります。
カードはA~10までの数字はそのままの数字で、絵柄は全て10としてカウントされます。
そのため場のカードが5と3ならば8、2とKの場合は2となります。
基本は2枚のカードの合計値で勝負しますが、一定の条件を満たした場合には3枚目のカードが配られ、その合計値で勝負することになります。
4枚目が配られることはありません。

バカラの流れ

バカラの流れ

オンラインカジノで遊ぶことができるバカラは以下のような流れで進んでいきます。

①プレーヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想しベットします

この際には最低ベット額が決められているので、最低でもその金額分のベットはしなければいけません。
最低ベット額はテーブルによって違うので事前に確認しましょう。
また引き分けにもベットをすることができます。

②バンカーとプレーヤーにそれぞれ2枚のカードが配られます
これはどれだけのプレーヤーが参加していたとしても変わりません。

③配られたカードがオープンされます
オープンする順番はプレーヤーが先になり、その結果を踏まえた上でバンカーのカードが開かれます。
本来のバカラだとカードのオープンはベット額が最も多い人が行いますが、オンラインカジノの場合は自分でカードをオープンすることができないので自動的に行われます。

④3枚目が必要な場合は3枚目のカードが配られます
3枚目のカードを引くかどうかはプレーヤーは決めることができず、すべてルールで決められています。

⑤勝敗が決まります
賭けが的中していれば払い戻しが受けられ、外れていた場合は賭け金は没収されます。

オンラインカジノでバカラを遊ぶ際の注意点

オンラインカジノでバカラを遊ぶ際の注意点

ここまでに紹介してきたようにバカラは簡単にルールさえ知っておけば誰もが始めることができるゲームです。
そのためオンラインカジノの初心者から上級者まで幅広いプレーヤーに遊ばれています。
ですがバカラで遊ぶ際にはいくつかの注意点があります。
中にはオンラインカジノだからこそ気を付けるべきこともあるので覚えておきましょう。

①必ず利益が出るとは限らない

バカラはオンラインカジノで遊ぶことができるゲームの中でも利益率が高いゲームとして知られています。
そのため勝ちやすいゲームだということでバカラで遊ぼうと考えるオンラインカジノ初心者も多いです。
ですがバカラも当然ギャンブルなので、必ず勝てるということはありません。
そのため絶対に勝てるという甘い考えは捨てて遊ばなければいけません。
初心者やお金に困っている人の場合、勝てるだろうと安易に遊んでしまうこともあるので注意しましょう。

②ベット額が高額になってしまいやすい

バカラはオンラインカジノの中でも高額が動く傾向にあるゲームです。
そのため中には必要事情に高額なベットをしてしまうという人もいます。
特にオンラインカジノでは店舗型のカジノのようにコインの量を目で見て確認することができず、あくまで数字として扱われます。
そのため熱中しすぎてしまうと、大金をかけているという自覚なくベット額が膨らんでしまう人もいます。
必要以上のお金を賭けてしまい、損失を増やしてもいけないので、ベット額や損益は常に意識してゲームに臨むようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノの中でもバカラは誰でもプレーしやすいということで非常に人気の高いゲームです。
ですがきちんとルールや流れを理解し、バカラで遊ぶことによるリスクなども踏まえた上で遊ばないと、気づいたら大きな損失を出してしまうということもありえます。
バカラだけに限らずオンラインカジノで遊ぶ際には、そのゲームのルールなどをきちんと理解した上で遊ぶようにしましょう。

日本のような射幸性の縛りがないギャンブル

海外ギャンブルながら日本からでも利用可能

海外ギャンブルながら日本からでも利用可能

カジノ法案も可決され、日本にももう数年以内にカジノが登場します。
しかし、現在のところはまだカジノは合法ギャンブルとはなっていません。

カジノが合法となっている海外の国の中には、店舗として街中で運営するカジノだけではなく、オンライン上でカジノを楽しめるオンラインカジノを合法としている国もあります。
合法ギャンブルとして認めているということは、国により高い安全性と公平なギャンブル性をしっかりと確認されているということになります。

実際にオンラインカジノを運営するための審査は相当に厳しく、資金があれば運営ができるといった簡単なものではありません。
資金の他にもその会社がこれまでどんなサービスを提供してきたのか、背後関係はクリーンで安全であるのか、どのようなソフトウェアを使用し、そのソフトウェアは安全なものであるかなど数々の審査をパスしなければ運営を認めてもらえません。
オンラインカジノはこうした厳しい審査を乗り越え、合法ギャンブルとして運営しているので安全性の面にかけてはその他の合法ギャンブルと変わらない高さがあります。

日本にはオンラインカジノがなく、オンラインカジノを運営した場合賭博罪により罰せられます。
しかし、海外の合法運営しているオンラインカジノの利用は賭博罪にはあたらないので、日本国内から利用しても違法にはなりません。
オンラインカジノの利用は海外でカジノ店に足を運ぶのと同じことですので、インターネット環境さえ整っていれば日本人でも安全に楽しむことができます。

ペイアウト率が高く勝ちやすい

ペイアウト率が高く勝ちやすい

オンラインカジノには日本のギャンブルにはない魅力が多くあります。
その魅力の一つがペイアウト率の高さです。

ペイアウト率とはそのギャンブルの勝ちやすさを示す割合のことで、この割合が高いほど勝ちやすいギャンブルであると言えます。
オンラインカジノのペイアウト率は96%もあり、これは日本のギャンブルとは比べものにならないくらい高い値です。

日本のギャンブルのペイアウト率をご紹介すると、パチンコ・パチスロが80%、競馬が70%、宝くじが40%となっています。
パチンコ・パチスロを例に取れば、1万円を資金として投入した場合、その80%である8000円が払い戻されるということになります。
このペイアウト率はあくまでも平均としてのものなので、常にこの数値どおりになるというわけではありませんが、長くプレイし、プレイ回数が増えれば増えるほどこの値に近づいていきます。
オンラインカジノは同じように1万円分を投入すると、大体9600円というほど投入した資金と同じ額が払い戻されるので、負けることが少なく、非常に勝ちやすいギャンブルであることがわかるでしょう。

ギャンブルで勝てずに悩んでいる方は、このペイアウト率から自分の選んでいるギャンブルがどれだけ勝ちやすいのかについて、まずは確認してみると良いでしょう。
例えば、競馬で勝てないのであれば競馬よりもペイアウト率の高いパチンコを選べば、競馬よりも勝てる可能性がずっと高まります。
しかしオンラインカジノはそのパチンコよりさらに高いペイアウト率を持ったギャンブルなので、ギャンブルで利益を一番に考えるのならオンラインカジノを選んだ方が絶対に得です。

年中無休24時間利用可能

年中無休24時間利用可能

パチンコにしても競馬にしても、日本のギャンブルはすべて利用できる日、時間が決められています。
日本のギャンブルを利用するにはまずその利用時間内に足を運ばなければなりません。
また、パチンコの場合は台の設定が勝ち負けに大きく影響するので、早くに店に足を運び勝ちやすい台を選ぶのが勝利への近道となります。

競馬の場合にしても、出走馬やコース内容から自分の得意とするレースに賭けた方が勝てる可能性が高くなるので、利用したいギャンブルに自分の時間を合わせる必要があります。
オンラインカジノの場合はどうなのかというと、オンラインカジノには営業時間や休業日が設けられていないので、年中無休24時間いつでも利用することができます。
しかも、ゲームの設定は常に公平性が保たれているので、時間帯に関係なくどのゲームを選んでも設定されているペイアウト率でプレイすることができます。
例えば、世界的にサービスのほとんどが休みとなる年末年始でも、普段と変わらず24時間利用することができるので、いつでも時間に追われることなく落ち着いてギャンブルと向かいあうことができます。

日本語でのサポートが受けられる

オンラインカジノは海外ギャンブルであるため、日本のギャンブルよりもキャッシュフローが遅くなってしまいます。
入出金は間に決済会社が入るのですが、その決済会社も海外の会社のため、どうして入金から出金までの時間は日本のギャンブルよりも時間がかかります。

しかし、ペイアウト率が高く、24時間いつでもプレイ可能という点を考えれば、そのキャッシュフローの遅さも特に気になることはないでしょう。
そして、最近は日本語対応可能のサポートを持つオンラインカジノが増えています。
わからない点があってもチャット等を使い日本語で尋ねられるので、不安な部分を残すことなく利用することができます。

国内と海外それぞれのオンラインカジノの扱い

インターネットは私達の生活習慣を大きく変えてくれました。
今ではグルメ、ショッピング、オークションもインターネットができるようになっています。

そして、ギャンブルの世界もその利便性から大きく変わりました。
それは、インターネットを通してお金を稼ぐことができるオンラインカジノです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、インターネットの発達とともに広がってきました。
1994年にカリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国のアンティグア・パーブーダという小さな国で、世界で初めてのオンラインカジノの運営ライセンスを発行する法律が可決されたことが起源といわれています。

それを契機に、ジブラルタル、マルタ、マン島などで、オンラインカジノの事業者が続々と誕生してくることになったのです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノは、若い人たちが熱中するネット対戦ゲームやソーシャルゲームのような感覚で楽しむことができるオンライン型のギャンブルですが、単なるゲームではなく、実際に賭けて配当金を稼ぐことができる点も、オンラインカジノの醍醐味です。

ネット上のギャンブルなので、クレジット決済や振込入金などでカジノ専用のチップを替えて賭ける方法となっています。
そして、カジノゲームで予想が当たったり、勝負に勝つことで、配当金をもらえる本格派ギャンブルです。

オンラインカジノは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットPCからでも賭けることができるので、自分の空いている時間があれば、そのタイミングに合わせて賭けることができるのです。
何時でも何処からでもエントリーできる点もオンラインカジノの魅力と言えます。

オンラインカジノの法的な位置や違法性・合法性

オンラインカジノの法的な位置や違法性・合法性

今、日本でもオンラインカジノのプレイヤー型とても増えています。
それだけ人気の高いギャンブルだということですが、日本国内では法律で認められているものは、公営ギャンブルに限られています。
現実として法的にOKなギャンブルは、競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじのみです。
それ以外は、カジノも認められていません。

つい数年前に国会でカジノ法案が可決したのですが、それはあくまでランドカジノをリゾート地の1つとして作る場合のことで、オンラインカジノのようなギャンブルは、一見禁じられているように思われます。
しかし、オンラインカジノの場合は、これを取り締まる法律が日本で整備されていないのです。

オンラインカジノでプレイするには海外のサイトにアクセスして賭けることになるので、日本国内でプレイするとはみなされないのです。
その結果、オンラインカジノは違法と言うことができません。

但し、正式に認める法律も存在しているわけではないために、違法でもなく、合法でもないというグレーゾーン的な微妙な位置にあるのです。
それでもオンラインカジノで、賭けることになんの支障がないので、実質的に問題がないのです。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノは、今やグローバル規模で広がっています。
その数はオンラインカジノサイトにして、1000サイトとも2000サイトとも言われています。
これだけのサイトがあると、どのオンラインカジノでエントリーするべきか迷ってしまうのですが、その前に注意しなくてはならないことがあります。
それは詐欺サイトの存在です。

オンラインカジノの中には、賭け金を騙し取ることを目的とした悪質な詐欺サイトが存在しています。
その手口も実に巧妙で、会員登録から実際の入金額処理場までは本当のオンラインカジノのような感覚で、手続きがスムーズに進んで行くので、詐欺サイトとは全く分からないのです。

しかし、実際にゲームで賭ける時点で全くエントリーすることができなくなることで、賭け金が盗み取られたことに気付くわけです。
このようなことから、オンラインカジノでプレイするためには、健全なサイトを選択しなくてはなりません。

優良オンラインカジノを見極める方法論としては、カジノライセンスの有無がポイントとなります。
カジノライセンスとはカジノの運営を法的に認めたもので、イギリスやジブラルタル、マルタ、マン島などで発行されたライセンスを取得しているオンラインカジノであれば、問題なく安心して賭けることができます。

ただ、ライセンスでも発行国が、南米系の国が発行するライセンスは注意が必要です。
イギリス系の国が発行するライセンスは厳格な審査が行われているので、とても信頼性が高いのですが、南米系の国は審査基準が緩く、悪質サイトの温床になりやすいわけです。
そのことから、ライセンスを取得しているオンラインカジノでも、発行国まで確認してから会員登録することが、悪質サイトで被害に遭わないポイントとなります。

このようにオンラインカジノで楽しく読ませてプレイするためには、正しい理解をしておくことが必要です。

信用力の強化に余念がないギャンブル

オンラインカジノの運営元

オンラインカジノの運営元

オンラインカジノの運営元について気にされる方は多いです。
やはり、どこが運営しているのかによって、信用度が変わってきます。

それこそ、勝ったときにお金がしっかりと払われるのか、そもそもそこで遊ぶことが違法となってしまうのではないかなどに関して、やはりその運営元が信用できるかどうかが大事なポイントです。

よくドラマなどで、地下のバーの横などに秘密の扉があって、そこで違法カジノが行われているシーンがあります。
更にはそこに警察が来て、そこで遊んでいる人が全員摘発される、といったシーンがみられます。
これはやはり、その運営が違法カジノであるから起こることです。
合法のカジノでプレイしていて、警察が来て捕まるということはありえません。

海外ではカジノが当たり前にあって、そこは政府の認可を受けていますから、ディーラーもお客も安心して参加してプレイしています。
オンラインカジノが同じように利用できるためには、運営の信用性が大事になります。

海外の大企業が運営

オンラインカジノは、海外の企業が運営しています。
日本の会社が運営していることは今はまだありません。

有名なオンラインカジノほど、人々によく知られた大企業が運営していることが多いです。
それこそ、テレビ番組のスポンサーでよく見る名前であったり、プロスポーツチームのやはりオフィシャルスポンサーとして、そのユニフォームに名前が刻まれていたりします。

このように、海外では広く認知された大きな企業が運営しているために、オンラインカジノもランドカジノと同じように、みなが安心してプレイできるものとして位置づけられています。

オンラインカジノの仕組み

もちろん、オンラインカジノが信頼できるというのは、運営元がしっかりしているからだけではありません。
それを知るには、オンラインカジノの仕組み自体を理解していることが必要です。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは、その運営会社だけで成り立っているわけではありません。
オンラインカジノに関わる要素としては、政府・第三監査機関・ソフトウェア会社・決済会社・ユーザーが考えられます。
これらの要素が関わり合って、日々の運営がなされています。

特に信頼を担保している要素は、政府と第三者機関、ソフトウェア会社の3つです。

まず、政府がライセンスを発行して、そのオンラインカジノの信頼性を保証しています。
政府の審査にあたっては、そのオンラインカジノの沿革や設立背景、運営会社の業務実績など幅広い項目が対象になります。
そのため、政府のライセンスを所得しているオンラインカジノは一定以上の信頼性があるといって良いです。

また、一度ライセンスを取得すると、抜き打ちで審査を受けることを甘受することになります。
ライセンス取得後も健全な運営を維持しなければならず、腐敗することは許されない審査制度になっています。

ライセンスの信用性にも差がある

ライセンスの信用性にも差がある

ただし、気をつけなくてはいけないのは、ライセンスも一様ではないということです。
つまり、どこの政府のライセンスかによって信用度が変わってきます。
特にラインセンスを発行すると、ライセンス料やゲーミング税を取れるという政府側の旨みがあります。
このことから、発展途上国ではかなり甘い審査基準でライセンスを発行してしまう例がみられます。

どこのライセンスが信用できないと具体的にいうことはできませんが、ここのライセンスは審査が厳しく一般に信用度が高い所は知られています。
たとえば、ヨーロッパ系のラインセンスは信用度が高いと評価されています。
それこそ、ジブラルタルやマン島、マルタなどが挙げられます。

また、政府による審査だけではなくて、オンラインカジノには監査を専門にする第三者機関による射程も及んでいます。eCORGAやTSTなどが有名です。
これらの第三者機関は、ギャンブルの公正を知るうえで重要なペイアウト率も具体的に調査しています。調査結果も公表していますから、広く安全性が周知されます。

オンラインカジノにあるゲームを見ると、初めての人はそのオンラインカジノ自体が用意しているゲームだと認識することが多いです。
しかし、オンラインカジノ自体がゲームを開発していることは非常に少なく、一般的には外部のゲーミング会社とライセンス契約をして、そのゲームを提供してもらっています。

このとき、ゲーミング会社の信頼性という問題が出てきます。
いくらそのオンラインカジノ自体の運営がしっかりとしていても、提供されるゲームが不正のシステムで作られていたら、恣意的に勝ちが操作されてしまいます。
そこでソフトウェア会社は、外部から厳しい審査を受けて運営されています。
さらに、ソフトウェア会社がより積極的に、提供するオンラインカジノの信頼性を審査することも知られています。

まとめ

今回は、特にオンラインカジノの運営や、その信頼性を担保する仕組みについて解説してきました。
オンラインカジノは海外の大手企業が運営していますから、その意味でまず、信用できます。
さらに、政府や第三者機関、ソフトウェア会社という三方向からの審査によって、より強度に安全性が確保されています。

その運営元や仕組みを理解することによって、より安心してオンラインカジノを利用することができるようになります。