オンラインカジノ攻略」カテゴリーアーカイブ

国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは

国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは
ネットカジノとは世界中で多数のユーザーを持つオンラインカジノのことで、日本各地にあるインカジや裏カジノとは全く異なります。
インカジや裏カジノは例外なく100%違法店舗であり、そこで働く従業員はもちろん、出入りするお客さんも単純賭博罪や常習賭博罪などで逮捕されてしまいます。
そこで今回の記事では、国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは何なのか?どういった仕組みで安全性は大丈夫か?などを解説していきます。
初めてネットカジノで遊ぶ方の参考になれば嬉しいです。

ネットカジノとは何?

ネットカジノとは、バカラやブラックジャック、スロットなど、あらゆるカジノゲームをオンライン上で楽しむギャンブルサイトのことです。
1990年代後半に初めてローンチされ、今では世界市場をターゲットにした巨大産業へと成長しました。
インターネット回線が安定したことでライブカジノの運営が可能になり、本物のディーラーをカメラで映し出し、本場ランドカジノの雰囲気を日本国内で味わえます。
テーブルゲームやスロットも成長を続け、現在では美しいグラフィックスや迫力満点のサウンドから、より一層白熱したギャンブルが楽しめるようになりました。
さらにエンターテインメント企業との提携により、人気コミックスや大ヒット映画とのタイアップスロットも続々とリリースされています。

日本の賭博法は適用されない

日本の賭博法は適用されない
日本の賭博法というのは、国内で違法運営する賭博の胴元を取り締まることを目的としているため、海外の事業者には適用されません。
ネットカジノは海外に拠点を起き、運営会社も海外に登記していますので、賭博法で取り締まることはできません。
このことから海外のネットカジノで遊ぶことに違法性はありませんのでご安心ください。
ただし注意したいのは、「ネットカジノでのプレイを認める」という法律は存在せず、これが公営ギャンブルとの大きな違いです。
法律が存在しない以上は合法ではなく、グレーゾーンとなります。
ここで勘違いしてしまいますが、グレーゾーンはあくまでもグレーゾーンであり、違法というわけではありません。
日本の賭博法に抵触しない限り、海外のネットカジノで遊んでも逮捕されるリスクはありませんのでご安心ください。

様々な入出金方法から選べる

ネットカジノでギャンブルを楽しむためには、自分のアカウントへ軍資金を入金しなければいけません。
またゲームで勝った場合には、勝利金の出金も必要です。
国内で運営している公営ギャンブルやパチンコでしたら簡単な話ですが、ネットカジノは海外に拠点を置いているため、オンライン決済が必要不可欠です。
初めてネットカジノで遊ぶ場合、この入出金方法に不安があるものですが、実際にはとっても簡単です。
いつも使っているクレジットカードをそのまま使えますし、他にもアイウォレットやエコペイズなどのオンライン決済サービス、さらに国内の銀行を使った送金も可能です。
各ネットカジノによって対応する入出金方法は異なりますので、登録する前に必ず確認をしておきましょう。

イカサマの心配は無し

ネットカジノで遊びたいけどイカサマが心配!そんな方も多いかと思いますが、合法のネットカジノでしたら、イカサマの心配は皆無でむしろ日本のギャンブルの方が疑わしいものです。
公営ギャンブルは八百長が疑われる(実際に何度か起こっています)ケースがありますし、パチンコも遠隔操作や打ち子による見せかけ営業も普通にありえます。
しかしネットカジノではイカサマができない仕組みが確立しており、イカサマをしたくてもできないのです。
その理由は様々ありますが、主にライセンスの剥奪です。
少しでもイカサマを疑われる行為をすると、すぐにライセンスは剥奪され、二度と同じ国でネットカジノの運営ができなくなります。
時間をかけ、また莫大な費用をかけて取得したライセンスなのですから、目先の利益のためにイカサマをするわけがありません。

まとめ

まとめ
今回は、国内で遊んでも違法性に問われること無く遊べるネットカジノとは?と題し、今大人気のギャンブル「ネットカジノ」の基本的な知識をご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
ネットカジノは1990年代後半に初めてローンチされたインターネット回線を使ったギャンブルサイトであり、ライブカジノやテーブルゲーム、スロットなど、多種多彩なゲームを豊富に取り揃えています。
また合法のネットカジノは海外を拠点としているため、日本の賭博法は適用されません。
国内の胴元を取り締まる目的として整備されている賭博法ですから、合法のネットカジノで遊んでも違法性はありませんのでご安心ください。
初めてネットカジノへ登録する際には、ライセンスの有無はもちろんのこと、対応している入出金方法やボーナスシステムについても確認しておきましょう。
特に低資金で遊ぶユーザーにとってボーナスは非常に重要な要素となるため、登録ボーナスや初回入金ボーナスについては必ず比較されることをおすすめします。

マーチンゲール法を改良したら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件

マーチンゲール法を改良したら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件
マーチンゲール法は確かに非常に効果の高い攻略法ですが、いくつかの欠点があるため、それを解消するために改良することも可能です。
改良と聞きますと難しく感じるかもしれませんが、マーチンゲール法の基本的なルールさえ理解していれば、誰でも今すぐに改良版の実践が可能です。
そこで今回の記事では、マーチンゲール法を少しだけ改良してみたら欠点が無くなり稼ぎやすくなった件と題し、マーチンゲール法の改良について解説していきます。
もっとマーチンゲール法で稼ぎたい!マーチンゲール法の効果をさらに高めたい!そんな勝ちにこだわる全ての方の参考になれば嬉しいです。

マーチンゲール法の欠点

マーチンゲール法ほど理論的で確実な攻略法は存在せず、誰もが簡単にギャンブルにおいて利益を出すことができます。
負けたら倍プッシュを続けるわけですから、どれだけ連敗が続いたとしてもたった1回の的中で勝利が確定します。
しかしマーチンゲール法には欠点があり、連敗によってリスクが高まるのにもかかわらず、得られる利益は初回ベット金額分のみということです。
コツコツと稼ぐことに抵抗の無い方でしたら問題ありませんが、一撃で大量獲得を目指したい方にとってはストレスを感じることも多くあります。
ではどうしたらこのマーチンゲール法の欠点を解消できるのでしょうか?
そのためにマーチンゲール法の改良版を2つご紹介します。

負けた次ゲームは+1に改良してみた

負けた次ゲームは+1に改良してみた
マーチンゲール法を改良し、負けた次ゲームに+1を足してみました。
通常のマーチンゲール法はただ倍プッシュするだけですので「1→2→4→8→16」ですが、+1に改良することで「1→3→7→15→31」とベットしていきます。
利益を比較してみますと、マーチンゲール法は「1→1→1→1→1」と変化はありませんが、この改良版でしたら、「1→2→3→4→5」と、連敗数に比例して利益も少しずつ上昇していきます。
これでコツコツと利益を増やしていくマーチンゲール法の欠点が解消されました。
実はこの改良版は「グランマーチンゲール法」と呼ばれており、その有効性はすでに証明されている強力な攻略法なのです。
ただ+1するだけの改良ですので、マーチンゲール法を理解していれば誰でも今すぐ実践可能です。

グランマーチンゲール法よりももっと稼ぎたい!っという場合には、マーチンゲール法のロジックを全くの逆にし、攻撃的な要素に改良してみてください。
改良方法はとっても簡単で、負けたら倍賭けから勝ったら倍賭けに変更するだけです。
これはパーレー法(逆マーチンゲール法)と呼ばれ、1つの攻略法として確立しています。
例えば初回に1ドルベットし、勝ったら次ゲームでは2ドルベット、その次も勝ったら4ドル、さらに連勝を重ね8ドル、16ドルとベット金額を増やしていきます。
こうすることで勝った時の利益がどんどん大きくなり、コツコツのマーチンゲール法が一気に覆されます。
負けても初回ベット金額分のみですので、損失は最小限に済み、何度も繰り返しチャレンジできます。

マーチンゲール法を改良した際の注意点

マーチンゲール法を改良することで確かに利益の大幅アップに繋がりますが、グランマーチンゲール法もパーレー法も注意するべきことがあります。
まずグランマーチンゲール法ですが、+1することでベット金額の上昇スピードが加速するため、十分な軍資金を用意しておく必要があります。
100ドルでマーチンゲール法を試す予定だった場合、グランマーチンゲール法では最低でも倍の200ドルは用意しておきましょう。
そしてパーレー法の場合は、成功連勝数を予め決めておいてください。
例えば「5連勝したら成功」「7連勝したら成功」など具体的な基準を設定しておき、決めた連勝数に達した時点でパーレー法をリセットします。
この時「これだけ連勝しているのだから次も勝てるだろう」と考えてはいけません。
どれだけ連勝していようが、次に勝つ確率は同じ50%なのです。
成功連勝数を設定したら、それを厳守する強いメンタルを持つことが大切です。

まとめ

まとめ
今回は、マーチンゲール法を少しだけ改良してみたら一気に稼ぎやすくなった件と題し、2つの改良版をご紹介しましたが、いかがでしたか?
マーチンゲール法は確実な利益を得られる非常に有効な攻略法ですが、成功してもコツコツとしか稼ぐことができません。
そこでベット金額を+1する「グランマーチンゲール法」、全く逆のことをする「パーレー法(逆マーチンゲール法)」へ改良することで、大きく稼ぐことができます。
ただし改良することでより損失リスクは高まりますので、十分な資金を用意し、勝ち逃げに徹するようにしましょう。
万が一大きな損失が発生しそうな場合には、勇気を持って損切りを決断してください。
マーチンゲール法に限らず、オンラインカジノで勝つためには、あらゆる状況下で勝ち逃げと損切りを決断することが最も大切なのです。

ラッキーニッキーとヴィーナスポイントは相性が良い

ラッキーニッキーはクレジットカードや電子決済が使えるオンラインカジノです。
様々な出入金方法があるので、ラッキーニッキーで遊ぶときにヴィーナスポイントで決済をするときの情報をまとめていきます。

ラッキーニッキーで遊ぶときにヴィーナスポイントが向いている人、決済の方法の流れなどもチェックしておきましょう。

ヴィーナスポイントを使うときの基本情報と特徴

ヴィーナスポイントを使うときの基本情報と特徴
・ヴィーナスポイントの特徴
ヴィーナスポイントは口座開設無料ですし、基本的に手数料も無料です。
利用するときはヴィーナスポイントに入金をして、そこからラッキーニッキーに入金をしていきますが、ほとんどの場合で手数料が無料。

ヴィーナスポイントから自分の口座に出金するときは手数料がかかりますが、曜日や金額によってはこちらの手数料も無料になります。
平日に350ドル以上換金する場合は無料となるため、自分で調整を行うことができます。

また、ラッキーニッキーでヴィーナスポイントに出入金をするとポイントを受け取ることができます。
送金した額の0.6%、入金した額の0.2%のポイントバックがあり、そのポイントはキャッシュに交換することができるのでお得です。

・入金するときの条件
最低の入金額は10ドル、1回の最高入金額は5,000ドルです。
1日で入金できる最高額も5,000ドルまでとなっていますが、回数には制限がないので数回に分けて入金してもOKです。

ラッキーニッキーにヴィーナスポイントから入金するときは手数料は無料。
入金してから反映されるまでも早いですし、上限金額も多いので使い勝手が良いです。

・出金するときの条件
最低の出金額は20ドル、1日の最高出金額は5,000ドルです。
1ヵ月間で20,000ドルまで引き出すことができ、ラッキーニッキーを使えば出金にかかるヴィーナスポイントの手数料も必要ありません。

入金と同じく1日5,000ドルまで出金することが可能ですが、出金の場合は1ヵ月間の上限は20,000ドルと決まっています。

また、出金するときは反映されるまでに1~3日かかるので注意しておきましょう。

ラッキーニッキー内でのヴィーナスポイントの決済方法

ラッキーニッキー内でのヴィーナスポイントの決済方法
・入金するときの流れ
ラッキーニッキーにヴィーナスポイントで入金するときは、まずはヴィーナスポイントにお金を入れておく必要があります。
それが終わればラッキーニッキーに入金をすることができます。

ラッキーニッキーのログインし、「入金」というタグをタップして手続きを行っていきましょう。

タグをタップすると入金方法の一覧が表示されます。
ラッキーニッキーで利用できるクレカや電子決済が表示されるので、その中からヴィーナスポイントを選択していきます。

ヴィーナスポイントのアカウントID、ヴィーナスポイントのパスワードをそれぞれ入力し、金額を決めて確定させていきます。
全て入力したらそのまま画面下部にある「送信」をタップすればOKです。

問題なければ「入金は成功しました」という文字が表示されるので、確認してから画面を閉じるようにしましょう。

・出金するときの流れ
ラッキーニッキーでは本人確認を行っていないと出金をすることができません。
まずは出金の前に本人確認を済ませておきましょう。

本人確認が終われば、メニューから「登録情報」を選択します。
マイアカウントが表示されるので、その中から「出金」を選択していきましょう。

そのままヴィーナスポイントを選択し、ヴィーナスポイントのIDとパスワードを入力しましょう。
その流れで出金する金額、通貨を選択して「送信」をタップします。

成功すれば「出金のリクエストを承りました」と表示されます。
着金されれば登録しておいたメールアドレスに通知が届くので確認しておきましょう。

原則、入金と同じ方法でしか出金することができません。
ラッキーニッキーにヴィーナスポイントで入金した場合、出金はヴィーナスポイントでしか出来ないので勘違いしないようにしておきましょう。

ヴィーナスポイントがおすすめの人

ヴィーナスポイントがおすすめの人
・ラッキーニッキー以外のオンラインカジノでも遊びたい人

ラッキーニッキー以外のカジノでもヴィーナスポイントを使うことができます。
カジノシークレット、ベラジョンカジノ、カジ旅など有名どころのカジノでも利用することができるので、カジノを併用したい人にもおすすめです。

オンラインカジノをする人は、ボーナスやプロモーション狙いでいくつかのカジノで遊ぶことが多いです。
ラッキーニッキーをメインに考えていても、お得情報があれば他のカジノでも遊ぶのはごく一般的。

ヴィーナスポイントはカジノシークレットなどでも利用することができるので、他のカジノも試してみたい人に向いています。

最低入金額や最高入金額などの条件はカジノによって違いますが、全体的に使いやすさがあります。

・カジノ資金をしっかり把握したい人
ラッキーニッキーはヴィーナスポイントなどの電子決済だけではなく、銀行振込やクレジットカードでの入金も行うことができます。

しかし、クレジットカードや振込は資金の管理がしにくいというデメリットもあります。
ヴィーナスポイントであれば残高や利用金額などもすぐに確認することができますし、カジノを併用してもお金の流れが分かりやすいです。

いくら入金したのか、いくら出金したのかなど、細かくお金を管理したい人に向いています。

まとめ

ラッキーニッキーは日本でも人気のあるオンラインカジノですが、人気があるだけあって出入金方法の種類も多いです。
出入金方法に迷ったときは、手数料や便利さ、お金の管理のしやすさなどを考えて選択しましょう。

ラッキーニッキーとヴィーナスポイントは相性も良いですし、他のカジノでも使うことができて便利です。

オンラインカジノのブラックジャック初心者が覚えておくべき戦略

オンラインカジノのブラックジャックは、全くブラックジャックについて知識の無い初心者でも、基本戦略さえ覚えておくことで勝率を高めることができます。
勝率が高まるということは負ける確率が下がるということで、さらにブラックジャックはペイアウト率が非常に高いため、常勝を目指したい方にベストなゲームだと言えます。

そこで今回の記事では、オンラインカジノのブラックジャック初心者が絶対に覚えておくべき基本戦略についてご紹介していきます。
最初に配られた2枚のカードとディーラーのアップカード(表を向いているカード)から、どのようなアクションを選んだら良いのかをわかりやすく解説します。

合計17~21の時

合計17~21の時
最初に配られたカードの合計数字が17~21の時には、ディーラーのアップカード関係なく、「スタンド」を選択するべきです。
スタンドとは、「これ以上カードはいらないのでこのカードで勝負します」という意味で、あとは最終的にディーラーの結果を待つだけの状態になります。
オンラインカジノに限らずブラックジャックというのは、21に近付けば近付くほど勝利の可能性が高くなり、21を超えてしまうとバースト、つまりその時点で負けが確定します。

またブラックジャックにおいて10の代替となる絵柄の出現率が高いため、17以上でカードを追加(ヒット)することで、バーストする可能性が高くなります。
17以上からのヒットでバーストする確率は最低でも68%、最大92%もあるため、合計17~21の時にはスタンドが賢明です。

合計12~16の時

最初に配られたカードの合計数字が12~16の時には、ディーラーのアップカードを確認し、「スタンド」または「ヒット」を判断します。
あくまでも確率論ですが、ディーラーのアップカードが7以上ですとバーストする可能性が最大でも26%と低くなります。
つまり手札の合計が12~16の時に、ディーラーのアップカードが7以上だった場合には、ヒットすることをおすすめします。
まとめますと、アップカードが7~10(絵札とAを含む)の場合にはヒット、2~6の場合にはスタンドと判断するのが基本戦略となります。
特にアップカードがAの時のバースト確率は12%しか無く、またナチュラルブラックジャックの可能性もあることから、確実にヒットするべきです。

合計11以下の時

合計11以下の時
最初に配られたカードの合計数字が11以下の時には、ディーラーのアップカード関係なく、必ず「ヒット」を選択するべきです。
11以下ということは、たとえ追加で10や絵札が配られてもバーストすることは絶対になく、最初の手札よりも確実に21へ近付くからです。

ヒットしたあとは、前項の「合計12~16の時」で解説させていただいた通り、ディーラーのアップカードを確認して、ヒットかスタンドかを判断します。
もちろん合計17~21になった場合には、バーストのリスクがありますので、ディーラーのアップカード関係なしに、スタンドした方が無難です。

Aが2枚の時

Aが2枚の時
最初に配られたカードがA2枚の時には、ディーラーのアップカード関係なく、「スプリット」を選択しましょう。
スプリットとは、2枚のカードを2つに分け、最初にベットした金額と同額を新たにベットするアクションのことで、2つの手札を持ちプレイが続行されます。
オンラインカジノのブラックジャックにおいてAは特別なカードとも言え、ナチュラルブラックジャックを作るのに必要不可欠なカードです。

しかも52枚のうち20枚が10か絵札となりますので、運が良ければ2つの手札ともナチュラルブラックジャックが完成する可能性も十分にあります。
その場合、ディーラーの手札関係無く、それぞれに2.5倍づつの配当を得られますので、大きな勝ちに繋がります。

また「ディーラーは17以上になるまでヒットする」とルールで決めれているため、8のペアが出来た時もスプリットを選択することで、2つの手札とも勝つチャンスがあります。
ただし9や10のペアの場合には、スプリットをしても確率上、損をする可能性が高いので止めておきましょう。

まとめ

今回は、オンラインカジノのブラックジャック初心者が絶対に覚えておくべき基本戦略について4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
これらたった4つの基本戦略さえ覚えてしまえば、ブラックジャック初心者でも勝率をアップさせ、負ける確率を減らすことができます。
オンラインカジノのブラックジャック初心者からしてみますと、この4つも難しく感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
ランドカジノのように、ディーラーと面と向かって進行するわけではありませんので、ある程度の時間をかけてもプレッシャーを感じる必要は無いのです。

またこの4つの基本戦略を完璧に理解したあとは、ブラックジャックのベーシックストラテジーを学びましょう。
ここでご紹介した内容は、全てベーシックストラテジーの一部をわかりやすく抜粋したものです。
つまりベーシックストラテジーを忠実に守ることで、オンラインカジノのブラックジャックをより一層完璧に攻略することができるのです。

エコペイズへの入金システムを理解して賢く使いこなす方法

オンラインカジノで利用可能な電子決済サービスの中でも代表的なものがecoPayz(エコペイズ)です。
エコペイズに登録して口座を用意しておけば、日本国内で人気のオンラインカジノのほとんどを簡単に楽しむことができるようになります。

しかしエコペイズは海外企業が運営する決済サービスのため、使い方を正しく理解していないと思わぬトラブルにも繋がりかねません
ここではそんなエコペイズにまつわるトラブルのうち、引っ掛かる人がもっとも多いであろう入金方法について詳しくレクチャーしていきます。

エコペイズへの入金方法は大きく分けて4種類

エコペイズへの入金方法は大きく分けて4種類
エコペイズへの入金方法は銀行振込による入金、仮想通貨による入金、専用のプリペイド決済であるecoVoucher(エコバウチャー)を介しての入金、そして少し特殊になりますがポケットチェンジという専用端末を介しての入金の4種類となります。

厳密には銀行振込や仮想通貨入金の方法が複数用意されているので更に複雑になりますが、基本的にはこの4種類から選ぶと考えておいて大丈夫です。
そしてオンラインで安全に入金する方法となると、最初の銀行振込と仮想通貨入金のほぼ2種類に絞られます。
ここからは各入金方法の基礎知識とメリット・デメリットについて解説していきます。

銀行振込は一番手軽な入金方法

現在エコペイズにはWire PayとPanda Payという銀行振込入金の方法が用意されています。
このうちPanda Payは最近導入された方法で、まだあまり日本国内には情報が出回っていません。
そのため通常は昔からのスタンダードな入金方法であるWire Payを選んでおけば間違いないでしょう。

操作方法もシンプルで、エコペイズのメニューから「資金を入金」を選択後に利用する通貨を選び「ローカル入金方法」からWire Payに進んで入金額を入力するだけです。
ただし実際に日本の口座から引かれる金額は指定金額から5%の入金手数料を上乗せしたものになります。
計算がしやすいように入金時には切りのいい金額を入力するようにしておくといいでしょう。

仮想通貨入金は入金手数料がかからない

仮想通貨入金は入金手数料がかからない
エコペイズとオンラインカジノで利用可能な仮想通貨は複数ありますが、現時点での使い勝手や信頼性を考えると向いているのはビットコインになります。
仮想通貨での入金方法も途中までは銀行振込と同様で「資金を入金」から「ローカル入金方法」へと進み、次にWire Payの下にあるAlternative Paymentsを選択します。

以降は金額を入力すると各仮想通貨を送金するためのアドレスが表示されるので、そこにビットコインなどの仮想通貨を送金して入金完了となります。
当然ですが事前に仮想通貨の口座を作り、そちらに入金を済ませていないとエコペイズに送金することはできません。

オンラインカジノでの利用を考えると、プレイヤーとカジノとの間にエコペイズを挟んでいるだけでも手間があるのに更にもう1段階の手間が増えることになります。
しかし仮想通貨でエコペイズに入金すると入金手数料がかからないというメリットがあります。
入金が反映される速度も比較的早いため、オンラインカジノを頻繁に遊ぶ予定があるならエコペイズ口座と一緒に仮想通貨口座を用意しておくのもいいでしょう。

エコバウチャーにはクレジットカードが使える

ecoVoucher(エコバウチャー)は海外で使われているエコペイズ用のプリペイドギフトカードです。
GoogleプレイカードやAmazonギフトカードのようにネット上でコードのみ購入することができるため、日本国内からでも購入利用できます。
ただし販売サイトが日本語対応されていないのに加えて、為替レートの関係で銀行振込入金などと比べて少し割高になります。

メリットとしては購入時にクレジットカードやデビットカードが使える点が挙げられます。
以前はエコペイズで直接クレジットカード入金が可能でしたが現在は規約変更で日本国内からは利用禁止となっているため、どうしてもクレジットカードで入金したい場合にはエコバウチャーが一種の抜け道となっています。

街中のポケットチェンジから外国通貨をチャージ

街中のポケットチェンジから外国通貨をチャージ
ポケットチェンジとは空港やターミナル駅、あるいは秋葉原のような観光地など外国人が多い場所に設置されている緑色の専用端末です。
ドル紙幣やユーロ紙幣など手持ちの外国通貨を投入することでポケットチェンジに対応した各種電子マネーへと変換することができます。
ポケットチェンジ端末でドル通貨国であるアメリカやユーロ参加国であるフランスなどを選択すると、チャージ先にエコペイズを選択できるようになります。
これによって手元にある外国通貨をエコペイズに入金することが可能です。

あまり例はないかも知れませんが、銀行口座をエコペイズと紐付けたくない場合には現金をドルなど外国通貨に一旦両替してそれをポケットチェンジに直接投入することで入金ができます。
レート効率は悪くお得な入金方法ではないので、あくまで余った資金の使い道の一つとして覚えておくといいでしょう。

エコペイズへの入金方法は変化が激しいので注意

かつてエコペイズには国際銀行送金やクレジットカード入金といった入金方法も用意されていました。
しかし規約の変更などによって今は使えなくなっています。
このように海外サービスであるエコペイズは利用方法に関する変化が激しいため、常に最新の情報を追うことが大切になります。
エコペイズとオンラインカジノに関する情報は正しく理解して、賢く使いこなしていきましょう。

国内と海外それぞれのオンラインカジノの扱い

インターネットは私達の生活習慣を大きく変えてくれました。
今ではグルメ、ショッピング、オークションもインターネットができるようになっています。

そして、ギャンブルの世界もその利便性から大きく変わりました。
それは、インターネットを通してお金を稼ぐことができるオンラインカジノです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、インターネットの発達とともに広がってきました。
1994年にカリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国のアンティグア・パーブーダという小さな国で、世界で初めてのオンラインカジノの運営ライセンスを発行する法律が可決されたことが起源といわれています。

それを契機に、ジブラルタル、マルタ、マン島などで、オンラインカジノの事業者が続々と誕生してくることになったのです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノは、若い人たちが熱中するネット対戦ゲームやソーシャルゲームのような感覚で楽しむことができるオンライン型のギャンブルですが、単なるゲームではなく、実際に賭けて配当金を稼ぐことができる点も、オンラインカジノの醍醐味です。

ネット上のギャンブルなので、クレジット決済や振込入金などでカジノ専用のチップを替えて賭ける方法となっています。
そして、カジノゲームで予想が当たったり、勝負に勝つことで、配当金をもらえる本格派ギャンブルです。

オンラインカジノは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットPCからでも賭けることができるので、自分の空いている時間があれば、そのタイミングに合わせて賭けることができるのです。
何時でも何処からでもエントリーできる点もオンラインカジノの魅力と言えます。

オンラインカジノの法的な位置や違法性・合法性

オンラインカジノの法的な位置や違法性・合法性

今、日本でもオンラインカジノのプレイヤー型とても増えています。
それだけ人気の高いギャンブルだということですが、日本国内では法律で認められているものは、公営ギャンブルに限られています。
現実として法的にOKなギャンブルは、競馬・競輪・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじのみです。
それ以外は、カジノも認められていません。

つい数年前に国会でカジノ法案が可決したのですが、それはあくまでランドカジノをリゾート地の1つとして作る場合のことで、オンラインカジノのようなギャンブルは、一見禁じられているように思われます。
しかし、オンラインカジノの場合は、これを取り締まる法律が日本で整備されていないのです。

オンラインカジノでプレイするには海外のサイトにアクセスして賭けることになるので、日本国内でプレイするとはみなされないのです。
その結果、オンラインカジノは違法と言うことができません。

但し、正式に認める法律も存在しているわけではないために、違法でもなく、合法でもないというグレーゾーン的な微妙な位置にあるのです。
それでもオンラインカジノで、賭けることになんの支障がないので、実質的に問題がないのです。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するのか

オンラインカジノは、今やグローバル規模で広がっています。
その数はオンラインカジノサイトにして、1000サイトとも2000サイトとも言われています。
これだけのサイトがあると、どのオンラインカジノでエントリーするべきか迷ってしまうのですが、その前に注意しなくてはならないことがあります。
それは詐欺サイトの存在です。

オンラインカジノの中には、賭け金を騙し取ることを目的とした悪質な詐欺サイトが存在しています。
その手口も実に巧妙で、会員登録から実際の入金額処理場までは本当のオンラインカジノのような感覚で、手続きがスムーズに進んで行くので、詐欺サイトとは全く分からないのです。

しかし、実際にゲームで賭ける時点で全くエントリーすることができなくなることで、賭け金が盗み取られたことに気付くわけです。
このようなことから、オンラインカジノでプレイするためには、健全なサイトを選択しなくてはなりません。

優良オンラインカジノを見極める方法論としては、カジノライセンスの有無がポイントとなります。
カジノライセンスとはカジノの運営を法的に認めたもので、イギリスやジブラルタル、マルタ、マン島などで発行されたライセンスを取得しているオンラインカジノであれば、問題なく安心して賭けることができます。

ただ、ライセンスでも発行国が、南米系の国が発行するライセンスは注意が必要です。
イギリス系の国が発行するライセンスは厳格な審査が行われているので、とても信頼性が高いのですが、南米系の国は審査基準が緩く、悪質サイトの温床になりやすいわけです。
そのことから、ライセンスを取得しているオンラインカジノでも、発行国まで確認してから会員登録することが、悪質サイトで被害に遭わないポイントとなります。

このようにオンラインカジノで楽しく読ませてプレイするためには、正しい理解をしておくことが必要です。

安全なギャンブルとして確立された経緯

1990年代から始まったと言われているオンラインカジノ。
今ではインターネットの世界で代表的なギャンブルのジャンルとして、多くのプレイヤーがカジノサイトに集まり、人気を博しています。

オンラインカジノの歴史や構成

オンラインカジノの歴史や構成

オンラインカジノの起源は、1990年代前半にイギリス連邦加盟国のアンティグア・パーブーダという国で世界初のオンラインカジノ運営ライセンスが発行されたことにあります。

当時はまだインターネットの普及が始まったばかりで、一般的家庭でもネット利用者が少ない時代だったので、本格的な立ち上がりにはしばらくの年月がかかることになったのですが、今では家では光回線、外ではLTE、Wi-Fiと高速のインターネットが利用できるようになり、爆発的な普及を見せています。

オンラインカジノでは、カードゲームやルートのテーブルゲーム、スロットマシンなどのゲームコンテンツが用意されており、その種類にして500種類以上も公開されていることから、何時でも何処からでも自分に合ったゲームで賭けることができるのです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの魅力は、なんと言っても臨場感の高い質感で賭けることができることです。
今では、ライブカメラを活用して、実際のカジノのゲームが実写でライブ配信されているので、ポーカーやバカラ、ブラックジャック、ルーレットなども、その場にいながら、参加して賭けるような感覚に浸ることができます。
パソコンだけでなく、スマホでもエントリーできるので、臨場感のあるゲームを何処からでも楽しめるわけです。

また、スロットマシンもCGコンテンツがカラフルでスピーディーなゲーム展開が堪能できますし、大当りのジャックポットで数百万円~数千円万円レベルで配当金をゲットできるチャンスもあります。
実際に日本人プレイヤーもスマホやパソコンでジャックポットをヒットさせていることを考えると、決して夢物語ではないのです。

オンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノのペイアウト率

オンラインカジノの魅力として、ペイアウト率の高さも挙げられるでしょう。
ペイアウト率とは、賭け金総額に対する配当金の率で、このペイアウト率が高いほど、プレイヤーへの還元大きくなるのです。

オンラインカジノのペイアウト率は、競馬や競輪などの公営ギャンブルと比べるととても高いレベルを実現しており、競馬などの80%程度と比較しても、約95%前後と高い率をキープしています。
それだけに今までのギャンブルからオンラインにシフトしているギャンブラーも、少なくありません。

また、若い世代の人達は、ネットゲームに慣れ親しんでいることから、オンラインカジノにシフトしやすい点も特徴的です。
その一方で配当金をすぐに出金しにくいという指摘もあります。
しかしながら、この課題については、エコペイズやアイウォレットなどの入出金サービスやビットコインなどの仮想通貨で対応することで、キャッシュフローを改善させています。
とくにネット利用に慣れている人にとっては、決して夢物語高いハードルではないので、まさにインターネット時代のギャンブルと言えます。

オンラインカジノの法的扱い

ここで心配になるのが、オンラインカジノの法的な位置付けです。
公営ギャンブルしか認可されていない日本では、普通に考えると、カジノはまだ、合法とは言えない環境にあります。
しかし、それはあくまで日本国内でカジノで賭けることが問題となるだけで、海外のカジノで賭けても賭博行為で摘発されることはありません。

オンラインカジノの法的扱い

これと同じでオンラインカジノも海外にある専用サーバーにアクセスして賭けることになるので、賭博行為とはならないのです。
日本では、オンラインカジノを規制する法律がないために、違法とはならないというのが、一般的な受け止め方です。
但し、合法的でもないので、グレーゾーン的な位置付けになるのが、オンラインカジノの現状です。
それでも、気軽にエントリーできることは間違いありません。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在する?

その一方で、オンラインカジノには詐欺的なサイトがあることも事実です。
賭け金だけだまし取られるというトラブルも実際に起きているので、この点も注意する必要があります。

このようなトラブルを回避するためには、ライセンス、すなわちオンラインカジノの運営許可証を取得しているサイトに絞り会員登録をすることです。
イギリスやマルタ、ジブラルタル、マン島などの国々のから発行されたライセンスは、きびしい審査の元に発行されたものなので、大変信頼のある許可とされています。

このような正式なライセンスは、カジノサイトに必ず掲載されていますので、これを確認することで、安心なオンラインカジノかどうかをみきわめることができます。
このようにオンラインカジノは、とても良い楽しくスリリングな醍醐味を味わうことができますので、正しいセレクトが重要です。

オンラインカジノの危険性を学ぶ

オンラインカジノと社会的な問題点

オンラインカジノには常に付きまとっている問題点があります。

オンラインカジノと社会的な問題点

オンラインカジノは新しいサービスのギャンブルであり、全世界で人気となっています。
日本でもプレイヤーが増えてきており、インターネットからアクセスすることで、いつでも24時間遊ぶことができます。
中には特に優良なオンラインカジノもありますが、そんな優良カジノでも社会問題を抱えているのです。

このような社会的な問題を知っておき、オンラインカジノを深く理解しておくことがとても大切となります。

オンラインカジノとインカジの問題

オンラインカジノの問題点ですが、社会的にも、裏カジノのようなところは問題となっています。
インカジの存在は、日本国内の繁華街を中心として、以前から摘発が相次いでいることに加えて、逮捕されている人が年々出ているという問題もあります。

オンラインカジノは、海外で運営をしており、日本国内の法律が適用されないので、法律的にはグレーゾーンとなっています。
しかし、海外の会社ですからオンラインカジノで処罰されてしまうことはありません。
しかし、これらのインカジについては別です。
これらは、国内で違法に運営されていますので、賭博罪に引っかかってしまいます。

このようなインカジで遊び、逮捕されてしまうプレイヤーが続出することは社会問題の一つとなっています。
オンラインカジノですが、このように適切な管理がなされておらず、日本国内で、暴力団などの資金源としてインカジが提供されているのは社会的な課題となっています。

イカサマサイトや悪質カジノの問題

日本人にとって遊びやすいように作られている優良なオンラインカジノも多い中で、まだまだオンラインカジノには悪質なオンラインカジノも存在しています。
中には、日本人を狙っている詐欺サイトなどもありますので、注意が必要となります。
特にオンラインカジノを日本人向けに提供しているサイトは違法となりますので、注意が必要です。

イカサマサイトや悪質カジノの問題

中には詐欺のようなサイトが有り、払い戻しをしなかったり突然閉鎖してしまったり、プレイヤーをけして勝たせないようなイカサマサイトもありますので、くれぐれも注意が必要です。
このような悪質カジノも紛れていて、結構有名なサイトでも突然夜逃げしてしまったという例もあります。
オンラインカジノは全てのカジノが優良というわけではなく、悪質カジノもありますので、これらも社会的な問題となっています。

オンラインカジノとスパム広告の問題

オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。
オンラインカジノのスパム広告が掲示板に無差別に貼り付けられたり、ブログのコメント欄に貼り付けられるというケースもあります。
これは、悪質なオンラインカジノのウェブオーナーの仕業です。
一部の悪質なオンラインカジノがこのようなスパム行為を行っており、これは社会問題化しています。
迷惑メールが無差別に送りつけられてくることもありますので、これには気をつける必要があります。

オンラインカジノのスパム広告が蔓延することによって、オンラインカジノの業界全体がマイナスイメージに見られてしまうことはとても悲しいことです。
また、こういったスパム広告を無くすことは難しく、受け取り側が設定をしなければ、拒否をすることができないという点でも社会問題となっています。

オンラインカジノとギャンブル依存症の問題

オンラインカジノは気軽に遊ぶことが出来る反面、快楽の波が大きくはまり込みやすいギャンブルであると考えられています。
オンラインカジノは、勝ち負けのリターンの差が非常に大きいため、それだけはまり込みやすく、ギャンブル依存症に結果的に陥ってしまうケースが増えています。

ギャンブル依存症は、生活の全てがこのオンラインカジノになってしまうという一種の病気です。
仕事や、その他の生活を投げ捨てて、全てギャンブルにつぎ込んでしまいます。
ギャンブル依存症になってしまえば、努力せずに元に戻ることはありません。
自然に治るということはありませんので、専門機関や病院での治療が必要になります。
自分は大丈夫だと思わずに、周囲に相談をするようにしましょう。

オンラインカジノとサポートの未熟さ

オンラインカジノとサポートの未熟さ

オンラインカジノはサポートが非常に未熟な部分があります。
オンラインカジノのサービスはまだまだ他のサービス産業と比較すると意識が薄く、手厚いサービスを期待することができません。
サポートに相談をしても無視をされてしまったり、日本語が通じず、入出金でトラブルになってしまうことも未だに多いです。

オンラインカジノは歴史も浅く、まだまだ全体のサポートレベルは発展途上であると言えます。
オンラインカジノでこれから遊ぶ場合には、しっかりとリサーチをして、サポートレベルが高く、そして顧客満足度の高いところを選ぶ必要があります。

イカサマは利益の無い行為

オンラインカジノにイカサマがあるかどうかについて

オンラインカジノを始める際、誰もが
「オンラインカジノにはイカサマがあるのではないか?」
と疑ってしまうのではないでしょうか。

オンラインカジノにイカサマがあるかどうかについて

相手の顔が見えないインターネット上のギャンブルということもあり、不正なプログラムでイカサマや八百長が行われていたり、そもそも詐欺のようなものではないかというイメージを持っている方も少なくありません。

オンラインカジノという存在自体を知らなかった方は、そういったイメージを少なからず持っているようです。
実際に一部の悪質カジノでは、プレイヤーを勝たせないような不正を行っていたり、また払い戻しに応じなかったり、個人情報を悪用するようなことを行っているようです。
詐欺や犯罪行為などを行うカジノもあり、これはいわゆる悪質カジノです。

オンラインカジノを選ぶ際には、このような悪質カジノを避けなければなありません。
世界中には数千ものオンラインカジノが存在していますが、実はカジノを選ぶ段階から既にギャンブルは始まっているのです。
しかし、優良なオンラインカジノや知名度の高いオンラインカジノを選べば、こういった詐欺やイカサマの心配は殆ど必要ありません。

現在のオンラインカジノ業界には、ライセンス制度といわれるものが存在します。
昔はライセンスを取得する制度がありませんでしたので、悪質なオンラインカジノもたくさんありました。
しかし、今はきちんとライセンス制度ができ、国がオンラインカジノを認めていて、あらゆる監査機関も存在しています。
このため、悪質カジノの多くは淘汰され、有名なオンラインカジノで遊ぶことで、問題ない時代になっています。

国で定められたライセンスを持っているオンラインカジノ

国で定められたライセンスを持っているオンラインカジノ

オンラインカジノの場合、国が正式にカジノの審査を行い、そして管理することによって、そもそも不正をすることが出来なくするシステムになっています。
これに反してしまえば、運営をすることが出来なくなってしまいます。
当然、有名なオンラインカジノは、国からのライセンスを正式に発行されています。

ライセンスは国によって発行される基準は異なるものの、重要なのはライセンスを取得しているかどうかです。
ライセンスを取得しているということは、国の厳しい基準をクリアしているということですので、一定の安全性が確立されていますし、公平なゲームが楽しめます。

ライセンスは厳格にチェックされているという1つの証ですので、オンラインカジノを見分けるにはライセンスをチェックしましょう。

外部の監査機関による監査について

オンラインカジノは、ライセンスが発行されたらそれで終わりというわけではなく、その後も外部の監査機関「イーコグラ」など、全く別の機関から、公平性や安全性、プログラムの改ざんがないか、ペイアウト率などが監査されています。

第三者機関から認定を受け、そして公平性やペイアウト率などもチェックされていますし、それらはデータとして公表されています。
もしもここで不正やイカサマがあれば、ライセンスは剥奪されてしまいますし、データも公表されてしまうことになりますので、不正やイカサマはあり得ないということになります。

オンラインカジノを選ぶ際には、この外部の監査機関からの評価をチェックすることで、安心して遊ぶことが出来るのです。

ハウスエッジでカジノは儲かる仕組みになっている

オンラインカジノは、イカサマや詐欺で儲かる仕組みになっていると思っている方も少なくありません。

オンラインカジノというのは、プレイヤーが負ければ儲かるのはもちろんですが、それ以外にも最強のカードというものを持っています。
これが「ハウスエッジ」の存在です。
ハウスエッジを簡単に説明するとこれは控除率のことで、各ゲームに用意されている、カジノ側の取り分になります。

ハウスエッジでカジノは儲かる仕組みになっている

実はオンラインカジノはこのハウスエッジの部分だけで、儲けることが出来る仕組みになっているのです。
その部分だけで十分儲けを出すことが出来る以上、イカサマをするメリットがありません
またそれがバレてしまえば、一発で終わってしまい、企業の信頼も落ちてしまうことになります。

こういった事情もあり、オンラインカジノがイカサマをすることはそもそも考えにくいです。
オンラインカジノはイカサマよりも集客に力を入れており、安全性やクリーンなイメージを打ち出し、よりプレイヤーを集めることに集中しています。

いくらイカサマをして一時的に収益を得たとしても勝てないカジノという噂はすぐに広まってしまいます。
そうすると、勝てないカジノとしてプレイヤーが消えていってしまい、ハウスエッジがなくなってしまい、収益がなくなってしまいます。
こういった事情で、知名度の高いオンラインカジノには、イカサマはほぼ存在しません。

オンラインカジノは、負ける時は負けてしまいますがそれはけしてイカサマではなく、疑ってしまってはきりがありません。
知名度の高いオンラインカジノなら、ひとまず安全に遊べると考えおいて問題ないでしょう。

オンラインカジノに潜む危険性

オンラインカジノとインカジの違いについて

インカジというものをご存知でしょうか?
インターネットを利用したカジノの提供店舗を指す言葉です。
これらの店舗とオンラインカジノとの違いを紹介しましょう。

法律との整合性について

法律との整合性について

繁華街などでたまに見かけるのがインカジです。
インターネットを利用していますが、胴元行為を店舗内でおこなっていますから、完全に違法行為となります。
いわゆる裏カジノと違いがありません。

一方、オンカジと略されることのあるオンラインカジノは、プレイヤーが海外の運営業者へ直接登録するものです。
海外に設置されたサーバーからカジノゲームが提供されており、ギャンブルに対する決済もすべて海外の業者と行います。
賭博罪は日本国内におけるギャンブル行為に対して適用されるものですから、オンラインカジノを摘発することはできません。
これらをしっかりと理解しましょう。

オンラインカジノは絶対に大丈夫か?

過去にオンラインカジノプレイヤー摘発を受けた事例が存在します。
いわゆるスマートライブ事件のことです。

その概要は、オンラインカジノサイトであるスマートライブで遊んでいたプレイヤーが、賭博罪容疑で摘発されたものとなります。
カジノサイトの運営拠点はイギリスとされており、日本の法律で罰せられないはずです。
しかし、スマートライブでは日本人による女性ディーラーが日本人プレイヤーを相手しており、ライブディーラーのオープン時間も日本時間を意識した設定となっていました。
さらに、摘発されたプレイヤーはギャンブルの内容をブログでアップしていたのです。
警察の内偵捜査により個人特定となり、摘発の憂き目にあうこととなりました。

これは特殊な事例ですが、ギャンブルの実態を鑑みて日本での胴元行為と認定されたのです。
こうして考えると、オンラインカジノは100%合法とは言いにくいことになります。
しかしながら法律の専門家は、オンラインカジノをグレーゾーンとして評価しているのです。

カジノに対する考えかたの変化

カジノに対する考えかたの変化

カジノ法案が国会で先日可決されました。
地方振興策として極めて有効であり、上手に活かせば地方経済を大きく押し上げることとなるものです。
その意味で、長い目でみればオンラインカジノもやがて完全に合法化される可能性があります。
ただし、インカジが合法となることはあり得ません。
暴力団などの資金源である可能性が高く、引きつづき摘発対象となるでしょう。
安全にギャンブルを楽しみたいならば、オンラインカジノを選んでください。

世の中にはびこる悪質カジノについて

オンラインカジノを楽しむ際に注意してほしいのが、悪質カジノの存在です。
数千ともいわれるカジノサイトの中に紛れており、被害を回避しなければなりません。

悪質カジノによる被害について

悪意を持ったカジノ運営業者による被害報告が後を絶ちません。
世界中で報告されており、日本も例外ではないのです。
カジノ法案が国会で審議されていることもあり、日本におけるカジノの地位が前進している昨今において、マイナスイメージとなるだけに頭の痛い問題となります。
こうした業者に引っかかってしまうと、さまざまな被害を受けてしまいますから、なんとしても避けたいところです。

いちばん多く報告されている被害例は、勝ち金の不払いとなります。
オンラインカジノはギャンブルですから、一獲千金を夢見てゲームを楽しんでいるはずです。
せっかくカジノで勝ったのに、払い戻しを受けられないなんて、腹立たしいと思いませんか?

悪質カジノによる被害は、これだけにとどまりません。さらなる被害となるのが、個人情報の漏洩です。
オンラインカジノへのアカウントの登録をする際に個人情報を専用フォームに入力しますから、悪用されると大変なこととなります。
ましてや入金のためにクレジットカードの入力も済ませてしまうと、悪用の範囲が広がるのです。
また、最近問題視されているのは、スパムメールやフィッシングメールとなります。
アカウントの登録直後から大量に送り付けられるなんて、想像しただけでも恐ろしいと思いませんか?

悪質カジノのねらい

悪質カジノのねらい

カジノで遊ぶための大切な資金がねらわれます。
しかし、本当のねらいは個人情報かもしれません。
個人情報は売買対象となり、悪意を持った業者間で転売が繰り返されます。
こうした情報は消えることがなく世界中を駆け巡ると考えれば、資金被害よりも甚大と考えたほうがよさそうです。
これからオンラインカジノを楽しもうとするならば、なんとしてもこれらの被害を回避しなければなりません。

優良なカジノサイトを選ぶ方法

優良なカジノサイトを選ぶ方法

悪意をもったカジノサイトを回避するためには、人気のあるカジノサイトを選ぶことが先決です。
インターネットでは最新のオンラインカジノランキングが掲載されています。
なるべく新しい情報を入手して、信頼のおけるニュースに基づいて選びたいものです。

とくにライセンスの有無を確認することはセオリーとされます。
カジノを合法とする国の政府により発行されるものですから、いわばライセンスは国家によるお墨付きです。
ライセンスを維持するためには、多額なコストが必要であり、経営基盤がしっかりとした優良カジノでなければキープできません。
オンラインカジノを選ぶ際の判断基準としてください。